有限会社杉田徹雄建築

越後杉で建てる日本の家 025-536-2063

地元工務店の強み

ハウスメーカーとの違い

家は一生で一番高い買い物ですから業者の選択を間違わないこと

家を建てるときまず決めなければならないのは、住宅建築をどこに頼むかということです。
テレビのCMなどでよく目にするハウスメーカーにするか、日頃からお付き合いのある地元の工務店にするかが重要な点です。
しかしこの業者選びがなかなか難しい問題であり、良い家ができるかどうかの重要なポイントなのです。
どちらにもメリット、デメリットがあり、最終的にどちらが良いのかを判断するのは簡単ではないのです。
それぞれの得意分野を比較する前に、まず両者の違いを比べたいと思います。

理想の家作りの成功のコツとは?

家を建てるには、まず業者を決めなければなりません。

ハウスメーカーの特徴

住宅メーカーとも呼ばれ、全国展開している場合が多い。
土地の購入から住宅の完成までを、一貫して行う幅広いサービスを受けることが出来る。
さらに各種ノウハウの積み重ねがある為、非常に効率的で失敗は少ない。

工務店の特徴

基本的にその地域に密着するスタイルを取るのが工務店。
また、長年その土地で家を建て続けているという事は、その土地の気候風土に合った設計を得意としているという事にもなります。
これは、全国で均一の住宅を得意とする、ハウスメーカーの苦手とする箇所といえるかもしれません。
設計に関しては、比較的自由度が高く、こだわりの家を提案しやすい。

価格の比較

『高い=ハウスメーカー』『安い=工務店』これは一般的なイメージですが、さほど間違ってはいません。

ハウスメーカー

全国展開のハウスメーカーは広告宣伝費、展示場の費用、営業マンの人件費等に多額の営業経費が必要となります。
この営業経費はお客様の負担になりますので価格は高くなるのは必然です。

工務店

地域に密着している工務店に必要なのは地元の評判。そこに多額の広告費は必要なく、メインとなる媒体は『口コミ』といっても過言ではありません。
予算の中に営業経費が少ない為、ハウスメーカーに比べると工務店の方が材料や住宅機器にこだわれる家になるのが一般的です。

技術力の比較

『漠然としたイメージ=ハウスメーカー』『具体的なこだわり=工務店』

大手ハウスメーカーと言えども、実際に建築に携わるのは工務店の大工さんです。
したがって、ハウスメーカーの技術というよりも、実際に現場で家を建てる下請けとなる大工さんの腕が良いかどうかが重要なのです。
基本的には、ハウスメーカーに注文した場合大工さんを指定する事は難しいので、その点はこちらから腕の良い大工さんを選べる工務店とは違います。

工期の比較

これについては圧倒的にハウスメーカーが有利です。
工務店だと普通3ヶ月から半年ぐらいですが、マニュアルに添って建築を進めていくハウスメーカーは完成まで3ヶ月以内ということも珍しくありません。

アフターサービス

『充実のロング保障=ハウスメーカー』『信用第一=工務店』

新築は10年間の保障(瑕疵担保責任)が義務付けられています。
瑕疵担保責任によって、最低10年間は、例え施工した会社が倒産したとしても、泣き寝入りをする事はありません。

ハウスメーカー

ハウスメーカーによっては、60年間の定期点検を行う企業や、24時間体制で相談を受け付けている企業なども存在します。
企業体力のある、一流企業だからこそ行えるサービスといえるでしょう。

工務店

地域で悪い噂が広がれば、それは死活問題となります。
その為、アフターサービスには迅速に対応する工務店や、年に1回以上は家の様子を見に来るという工務店も存在します。
しかし、全ての工務店が素晴らしい対応をしているとは言い難いでしょう。

結論

ライフスタイルに合わせた建築計画

最終的には何を重視するかというお客様の条件次第です。
家作りには全く同じ家というのはありませんから、あくまで自分が理想とする家を建てるにはどこがいいのかを考えなければなりません。

予算、技術力に対する期待度、工期に対する希望、こうした点を総合的に考えながら最終的にはお客様自身の判断で決めることが大切なのです。

『どちらが優れているという事はなく、住宅に対する施工主の取り組み方で選んだ方が良い』という事です。

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。